銀座 俺のフレンチTOKYO
■11/3(月) ディナー
■料理ふたり分 10,344円、あとは飲み物
先週オープンしたKIRARITO。
先日の俺のイタリアンに続いて、今度は、俺のフレンチTOKYOです。
エレベータ降りて、B1Fの右が俺のフレンチ。
俺のフレンチTOKYO 入口
最初にメニューをあげておきます。(メニューをお待ちかねの方も多いようですので)
お店おすすめのスペシャリテメニューです。
俺のフレンチTOKYO スペシャリテメニュー
前菜メニュー。
俺のフレンチTOKYO 前菜メニュー
メインのお肉料理や魚料理、デザートメニュー。
俺のフレンチTOKYO メインメニュー
まずは、ワンドリンク制なので、乾杯のシャンパン。
マム コルドン・ルージュ。F1の公式シャンパンです。(1079円)
他にもお決まりの、お通しのパン(324円)、ミュージックチャージ(324円)
俺のフレンチTOKYO シャンパン
さあ、ここから食べます。
蝦夷アワビと天使海老のアスピック キャビア添え(1598円)
ジュレの下にアワビが潜んでます。塩っぱいキャビアがアクセント。いきなり高級食材だらけ。(◎)
俺のフレンチTOKYO アワビと天使海老
魚介盛り沢山 シェフニコラのブイヤベース(1382円)
オマール海老に、ムール貝、ハマグリに、帆立がたっぷり、魚介のエキスがたっぷり。これはおいしい!(◎)
俺のフレンチTOKYO ブイヤベース
サーモンマリネとウニのムース アオリイカとイクラ添え(842円)
うにのムースをサーモンで巻いてあります。濃厚ウニの香りと、さわやかサーモンの競演です。(〇)
俺のフレンチTOKYO サーモンマリネとウニのムース
限定30食のブルターニュ産 平目と緑茶のパピヨット(2138円)
袋の中で蒸した状態で、席の目の前で袋をはずしてくれます。おいしい香りが漂います。(△)
俺のフレンチTOKYO 平目と緑茶のパピヨット
ここからお肉開始。
短角牛サーロイン・シェフニコラの郷愁(2138円)
肉汁じわっと閉じ込められたサーロイン。これはおいしいです。(◎)
俺のフレンチTOKYO 短角牛サーロイン
ラストオーダーでデザートいかずに、〆にさらにお肉。
蝦夷鹿ロース肉 赤キャベツのピュレ グリオットチェリーのチャツネ添え(1598円)
獣系ですが、においもまったくない、柔らかな赤身肉です。(〇)
俺のフレンチTOKYO 蝦夷鹿ロース肉
100席以上の店内があっという間に満席です。眺めていた感じでは、予約客で7,8割くらいで埋まり、後は当日の行列から順に入れているようでした。当日待ちの行列もだいぶできていますので、やはり予約は必至かと思います。(俺ののサイトから予約できます。)
となりの俺のイタリアンTOKYOと同様に、立ち席なしの全席座席です。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

以上、食べた内容は、ふたり分ですが、ふたりでもかなり満腹。
まわりを見渡すと、俺のフレンチ定番の、牛フィレとフォアグラのロッシーニと、オマール海老のふたつがよく出ているようでした。
今回は、まだ食べたことがないメニューを中心に頂きましたが、いずれもレベルは高いと思います。
後は好みの問題ですが、お値段考えると、かなりコスパは良いと思います。
テーブル狭いし、出てくる料理は、いっぺんに来たり、なかなか来なかったりと、オペレーションはヒドイものですが、それを差し引いてもポーションの内容は満足度は高いと思います。★4つで。

★★★★

店舗情報

店名俺のフレンチTOKYO
住所
東京都中央区銀座1-8-19 KIRARITO GINZA B1F

場所: Go to Google map
TEL03-6264-4921
営業時間[月~日] 15:00~23:00(L.O.22:15)
不定休

ホームページ

おいしそうでしたか?